言わずと知れた世界最大級の動画プラットフォーム「Youtube」は、コメントで視聴者同士がコミュニケーションを図れたりとSNS的な側面も併せ持ちます。

実際Youtubeでは他のSNSと同じくたくさんの「Youtuber(Youtube版インフルエンサー)」が活躍しており、「毎日お気に入りのYoutuberチャンネルから動画を視聴している」という方も多くいらっしゃいます。

このように人気のあるYoutuberをインフルエンサーマーケティングで活用すれば、企業としてはさまざまなメリットを受けられます。

今回はインフルエンサーマーケティング導入を検討している企業向けに、Youtubeでインフルエンサーマーケティングを行うメリット、そして注意点などを解説していきます。

 

Youtubeとは

Youtubeとは、「Google」が提供する動画配信サービスです。手軽に動画を配信したり視聴できる利便性などが受け、現在では世界中で10億人以上、日本では6,000万人以上のユーザーを抱えています。

Youtubeで主に収益を得ている方はYoutuberと呼ばれ、個性を活かしたさまざまな動画配信で多くのファンを獲得しています。

 

Youtubeでインフルエンサーマーケティングを行うメリット

Youtubeでインフルエンサーマーケティングを行うと、次のメリットがあります。

  • 動画で十分商品やサービスの魅力を伝えられる
  • Youtuberの動画制作スキルなどを活用できる
  • SNSクロスマーケティングが行いやすい

 

動画で十分商品やサービスの魅力を伝えられる

Youtubeは、他のSNSと違い動画が主体です。他のSNSでも動画投稿はできますが、Youtubeでは動画時間をさまざま指定して投稿ができるなど動画に関する自由性が高いです。

動画で伝えられる情報は、テキストや画像の比ではありません。ですからテキストや画像では足りない部分を、動画ならば短い時間で表現可能です。

それでいてユーザーは動画を視聴するだけで、直感的にテーマを理解できます。しかも動くという性質上、ユーザーの目を引きやすいという利点もあります。

このように動画で十分商品やサービスの魅力を伝えられるのは、Youtubeでインフルエンサーマーケティングを行う大きなメリットです。

 

Youtuberの動画制作スキルなどを活用できる

Youtubeで自社アカウントを解説し、登録者数を増やすには膨大な時間と手間が掛かります。動画のネタも考えなければいけませんし、それを動画にうまく落とし込んでエフェクトをつけるスキルも必要です。

しかしYoutuberは、動画のネタ出しも得意です。商品やサービスに絡めたネタをYoutuberに出して動画制作してもらえれば、自社では考えもつかなかったような面白い動画ができあがるかもしれません。さらにYoutuberは動画制作スキルも持っているため、自社で作るよりもハイクオリティな動画で販促ができます。

このようにYoutuberの動画制作スキルなどを活かせるのも、Youtubeでインフルエンサーマーケティングを行うメリットです。

 

SNSクロスマーケティングが行いやすい

Youtuberには、他SNSアカウントも持っていて活動を行っている方が多いです。

たとえばかなり有名な某Youtuberは、「Facebook」、「Twitter」、「Instagram」、「TikTok」など複数のSNSを使って情報を発信しています。1人で複数のSNSを持っているのでその分それぞれのユーザーに情報を発信し、「Twitter投稿でYoutube動画視聴を促す」などの戦略が取れます。

インフルエンサーマーケティングでYoutuberを活用すれば、このようにYoutuberのSNS網を活かしてマーケティング効果を増大させられます。

 

Youtubeでインフルエンサーマーケティングを行う際の注意点

Youtubeでインフルエンサーマーケティングを行う際は、次の点に注意しましょう。

  • 炎上しないよう配慮を行う
  • 商品やサービスにマッチしたYoutuberを選定する

 

炎上しないよう配慮を行う

Youtubeでは残念ながら、炎上事件も数多く起こっています。 たとえば過激な発言を行ったり、一部視聴者への配慮が足りずに批判が殺到し大炎上になるケースがあります。動画制作になれているYoutuberでも炎上してしまうリスクがあるというのは、困りものです。 Youtubeでインフルエンサーマーケティングを行う際は炎上に最大限の注意を払い、提携Youtuberとも協力しながらユーザーに配慮した動画を投稿しましょう。

 

商品やサービスにマッチしたYoutuberを選定する

Youtuberをインフルエンサーマーケティングで活用する際は、Youtuberの選定もしっかり行いましょう。

極端な例ですがたとえばグルメ系Youtuberに化粧品の紹介をしてもらっても、違和感のある発言が増え視聴者の受けが悪くなる可能性があります。また女性が主なメインユーザーの商品やサービスを男性に受けているYoutuberに紹介してもらっても、大した効果は望めません。

Youtuberを使ったインフルエンサーマーケティングを成功させたいのならば、自社商品やサービスとターゲットユーザーの合致した、しっかりした感想を述べられそうなYoutuberを選定しましょう。

 

まとめ

今回はYoutubeでインフルエンサーマーケティング行うメリットや、注意点などをご紹介してきました。

Youtuberの認知度や動画制作スキルなどを活用すれば、自社でアカウントを運営して販促するよりも高い効果が見込める可能性があります。ただし炎上への配慮や、Youtuberのしっかりした選定などは忘れないようにしましょう。

ぜひYoutuberと協力して、インフルエンサーマーケティングを成功させてください。